親知らずを早めに抜歯する はコメントを受け付けていません。

私が虫歯予防で実践したことといえば、それは早い段階で両奥にあった親知らずを抜いてしまったことです。親知らずとは、知ってのとおりあってもほぼかみ合わせの役には立たず、口内に置いておけばそれが虫歯の原因になるだけに、とてもやっかいな歯です。
歯みがきしようにも、ほとんどの場合そこへしっかりと歯ブラシを届かすことができず、虫歯になりやすい歯としても有名です。かみ合わせにおいて役に立たないのであれば、それはやはり抜いてしまったほうが得策と考えて、私は20代の頃に親知らずを全て抜きました。
親知らずを抜いていない人から話を聞くと、親知らずが虫歯になってしまい本当に大変だったという話をよく耳にしますので、早めに抜いておいて本当に良かったと今では思っています。